外壁塗装の素材とお手入れといえば壁を塗る方法が考えられますね。マンションの外壁を塗るには外側からダメージを受けた部分を補修するものです。随分前はかべに使っている素材に木そのものが使用されていました。今頃はだいたいサイディング式のボードや高機能となったタイルが外壁素材の主流です。パネルは工場製であること、いろんなパターンで作られていること、簡単に取り付けることができること、汚れがつきにくく強度があること等良いところが多いです。工場製なのではやく外壁を作り上げることができるようになったんですね。外壁塗装は家の周囲に足場を組みますから、結構ガチャガチャと音がします。また、塗料には特有のニオイが有ります。苦手な人も多いです。工事前にあいさつしてしばしの期間迷惑がかかるかもしれません。と断っておくだけでも悪い印象は持たれないでしょう。モルタルとしてはセメントと細かい砂に混ぜ込んである水のようなものを入れて混ぜて作っている建築用のもので、築40年前後経過しているセメントと同じようなモルタルですが、セメントはどうも石灰石を使って粘着質な土を混ぜ合わせて焼いて粉砕したクリンカと石膏が原料の粉です。この材料に小さい砕石をいれて混合して作ったものを外壁に使います。ことわりもなく始めてしまったら、「うるさいなあ!やかましい」「臭くてたまらない!」と苦言を言われてしまうでしょう。一声かけておくだけで印象が悪くならないで済みます。そのくらい塗装工事までの挨拶は大事です。家が集まっているところなら周りの殆どの家に挨拶周りをしておいた方が無難です。外壁塗装はその日に終わる安易な工事ではないのです。おおよそ10年位に1度の間隔でしかやりませんので、丁寧に塗装をしてほしいですね。どんな作業があって、どのくらいかかるのか見て行きましょう。外壁を修繕する工程は業務を行う10日前までに周辺の家にあいさつに行きます。シリコンコーキングが固まって目地をくっつけて雨の侵入を防ぎます。でも、長い期間経つとコーキングはかなり品質が悪くなり、ボロボロになります。そこから雨や水分がはいると雨もりや腐りやカビといったものなど建物の内部にダメージを与える要因になります。ですからたとえサイディングボードでも十年くらいたったら外壁の塗り替えが必要になってきます。左官工をはじめとした職人の数が減少している傾向があるので、なおのこと重要視されています。サイジングボードは特に風や雨にあたっていても割れてきたりすることが余りなく、補修する必要性が低いように感じます。でも、間違っているを言わざるを得ません。サイディングボードをしっかりと見てみたらわかると思いますが、継ぎ目がありそこにゴム製のつなぎ材が入っています。外壁塗装の費用は屋根まで含めて計算すると100万円を超えるくらいですが、雨漏りの工事は100~200万円、仮に断熱材が濡れて使えなくなってしまったら、断熱材の入れ替えなどの工事に150万円、湿気で白蟻が住み着いていたら駆除代で30万から50万円、内部を修理するには、かなりのお金が必要になります。家を長く綺麗に使いたいなら、決まった間隔での外壁塗装は大変重要です。外壁に使われる材料に漆喰やそれによく似た素材がありますが、漆喰と較べてみても違うことがわかります。いわゆる建築材料は、長い間、雨や風で黒くなってしまったり、苔がいっぱいでてきたり、ひび割れができてしまったりしてみるみる劣化してしまうことが有ります。外壁のメンテナンスを定期的にやってあげることで長期に渡って戸建ての家を美しく維持することができます。でも最近はモルタルを使う家は少なくなりました。
外壁塗装をするおすすめの業者